ホームページ集客で間違った2つの思い込み

2021.07.29

高額な費用をかけてホームページを作ったのに全然売上に結びつかない!

Yahoo!やGoogleで検索したら1位なのに全然問い合わせがない!といった

中小企業経営者の方向けの記事です。

なぜこの記事を作成しようかと思ったか、それは中小企業の経営者様からご相談いただく内容で一番多いのは、「ホームページを作れば集客できると思って作ったけど何も反応がない」ことだからです。

しかし、大手企業に限らず中小企業でもしっかりホームページから集客ができている会社もあります。

集客できる会社とできない会社、一体何が違うのでしょうか?

それは、ホームページに対して間違った思い込みをしているから、上手く活用できていないのです。

ホームページに対する間違った2つの思い込みとは

1.とりあえずホームページを作れば問合せがくると思っている

ホームページを持っている会社が少なければ、作っただけでも問合せがきたかもしれません。

しかし今の時代、ほとんどの会社がホームページを持っています。

ですから、当たり前のように他社と比較されます。

ということは、他社との違いをしっかりアピールしないと問合せをしてもらえません。

つまり、会社パンフレットのような内容だと見込み客は他社との違いが分からず、ホームページから出て行ってしまい問合せをしようと思う会社の候補に選ばれません。

その結果、ホームページを作っても問合せが来ないのです。

2. Yahoo!やGoogleで上位表示されると問合せがたくさんくると思っている

これも陥りがちな間違った思い込みの1つです。

Yahoo!やGoogleなど検索エンジンで上位表示されることは全然良い事だと思います。

しかし、問題は「見込み客が商品・サービスを探しているキーワード」で上位表示されているかです。

1つの例として、塗装工事を受注したいホームページが「新築一戸建て」で上位表示されたとしたら、問合せは来るでしょうか?

来ないですよね!

そういう事なんです。

極端な例をあげましたが、このような状態に陥っているホームページはたくさんあります。

集客できるホームページになる為に必要な3つの方法とは

1.あなたの会社から購入すべき理由をホームページに掲載しましょう

見込み客が商品・サービスを検討できるように、特徴や他社との違いをしっかり出しましょう。

そして、それを証明するお客様の声や推薦の声があれば尚良しです。

そうすれば、あなたの会社を選ぶ理由が見込み客に伝わります。

その結果、問合せをもらえる確率がグッと上がります。

2.どんなキーワードで上位表示を狙うかを決めましょう

商品・サービスの情報収集段階の見込み客が検索しているキーワードではなく、商品・サービスを導入したい段階の見込み客が検索しているようなキーワードで上位表示を狙いましょう。

3. 自分達で解決できない事はプロに聞く

プロに聞けば、自分達で勉強して解決するまでに何か月もかかった事が1時間で済むかもしれません。

でも、どんな人に頼んだらいいんだろうと悩んだら、ブログやfacebook、ホームページなどを見て実績や仕事の価値観、雰囲気が合いそうな人を選んでください。

まとめ

ホームページ集客は、正しい知識を持って正しい順序で行えばさほど難しくはありません。

見込み客が、あなたの会社の商品・サービスを検討できるように他社との差別化を上手く表現しましょう。

ご参考になれば幸いです。